メニュー

瀬口 靖文 | 夢の街創造委員会株式会社 採用ページ

瀬口 靖文

  • 営業本部 西日本営業グループ リーダー
  • 2013年中途入社

デジタル衛星放送局にてアシスタントディレクターを経験後、学生時代より関わりの深いデリバリー業界に恩返しがしたいという想いから夢の街創造委員会へ入社。2015年4月からリーダーとして大阪着任し、現職。

瀬口 靖文

若いうちに新規開拓の営業がしたい!

学生時代はピザの宅配アルバイト、社会人になって転職活動中に寿司の宅配アルバイト、トータル4年ほどデリバリースタッフのアルバイトをしていたんです。いずれの店舗も出前館に加盟していたので、出前館は知っていました。「よく注文入るなー」と感じてましたよ。デリバリーには思い入れもありましたし、何より新規開拓の営業がしたい、というのもあって、夢の街創造委員会に入社しました。

新規開拓の営業は40歳、50歳になってからではそうそう簡単にできないなと感じていたので、若いうちに経験したいと思っていたんです。念願叶って、出前館への新規出店提案を行う新規開拓営業をしています。

瀬口 靖文

「初めから信じておけばよかったよ」と神様のように扱われました

電話でアポイントを取り、訪問して商談、その後電話でフォロー、という形がオーソドックスな出前館の営業スタイルですが、上司に頼み込んで、3回ほど訪問した思い入れのある中華料理店があります。当初「いらないよ、帰って。」と手厳しくいわれたんですが、中華料理って、メニューが多種多様で比較的オーダーが入りやすいジャンルということもあり、「絶対に売上があがる!」と感じ、粘って営業しました。1ヶ月目に出前館からのオーダーだけで180万の売上を上げ、オーナーに「ずっと営業にきてくれてありがとう。初めから信じておけばよかったよ」と神様のように扱われましたね(笑)

ウキウキと注文できるサイトを提案したい

心がけていることは、「売上の上がる提案する」ということです。ただ単に、出前館に掲載してくださいというのではなく、出前館で売上を上げましょうと提案できる営業マンでありたいと思っています。

出前館は多様なジャンルのオーダーデータがありますから、そこから今のメニューのトレンドとか、人気のセットメニューなどの情報提供も可能です。野菜炒めにキャベツを使っていたら、「そのキャベツでサラダもできますね」とか、お店がハンバーグを売っていきたいといえば、「ライスバーガーを作りませんか?」など、お店にあるメニューの材料でできるものを提案するようにしています。

お店の負担にならないよう、既存の商品でなにができるかを一緒に考えながら、「あ、おいしそう」とウキウキできるような、自分が注文したいと思えるサイトが出来上がるよう飲食店には提案していますね。

ゆくゆくは「瀬口が教えた人はできる!」といわれるよう後輩を育成したい

瀬口 靖文

2015年4月に西日本営業グループへリーダーとして異動となりました。今まではプレーヤーとして後輩の面倒をみることはあっても、リーダーとなるとチームを育成するという視点で営業することになります。社歴も浅い自分にそのポジションを任せてくれるという組織の期待に応えたいと思い、大阪に着任しましたね。

営業って当然ながら、邪見に扱われたりすることもあって、気持ちが落ち込むこともあります。一日が暗く終わることは避けたいので、外から戻ってきたメンバーたちを「明るく、元気に」迎え入れるようにしています。営業はプロセスが大事ということも、メンバーには伝えます。なんとなく動いて目標達成できた、ではなく、こういった行動が数字に結びついた、と自信を持って言えるような営業をしよう、そうでないと次につながらないよ、と話をしています。 ゆくゆくは、自分のもとで働いたメンバーが他部署で活躍してくれるとうれしいですね。「瀬口が教えた人はできる!」といわれるよう後輩を育成したいです。

自分が入社した頃、教えられた仕事の進め方で納得できないこともあり、これが仕事というものかと思っていた時期もあったんです。ただ、別の先輩に自分と近い考え方の人がいて、「このやり方でもいいのか、仕事って決まった手法があるわけじゃないんだ」と実感しました。

最終的に決めるのは「自分」

電話のかけ方、商談資料、商談スタイルなどを、とりあえずやってみて、その中から自分にあったものをとりいれて、徐々に一番やりやすい形に仕上げていくという感じですね。夢の街創造委員会はそれを良しとする社風です。

最終的に決めるのは「自分」であるという意識を強く持って働く、いいところでもあり、シビアなところかもしれません。決めるためには、いろんな人に聞かないといけませんよね。「新卒」って一種の資格みたいなものなので1年目は何を聞こうが「しょうがないな、教えてあげるよ」と許されます。なので、新卒には待ちの姿勢は持たないで、悩む前に先輩・上司にどんどん聞いて、経験して、自分の仕事スタイルを創り上げていってほしいですね。

 

※内容はすべて取材当時のものです。

社員インタビュー

  • 名護 瑞季

    名護 瑞季

    新規事業本部
    アライアンス事業グループ
    2015年新卒入社

  • 井尾 駿佑

    井尾 駿佑

    営業本部
    東日本営業グループ
    2014年中途入社

  • 瀬戸 康太朗

    瀬戸 康太郎

    新規事業本部
    新規事業グループ
    2014年中途入社

  • 荒木 佑輔

    荒木 佑輔

    戦略企画本部
    マーケティンググループ リーダー
    2010年新卒入社

  • 瀬口 靖文

    瀬口 靖文

    営業本部
    西日本営業グループ リーダー
    2013年中途入社

  • 濱本 昭弘

    濱本 昭弘

    営業本部
    加盟店コンサルティンググループ リーダー
    2010年中途入社