ニュースリリース

  • 2010/10/25
  • デリバリー産業展が盛況の内に幕を閉じました
    ~当日、TV東京『ワールドビジネスサテライト』にて放送~

ネット出前サイト『出前館』(http://demae-can.com/)を運営する夢の街創造委員会株式会社(代表取締役社長 葭田 徹 以下、夢の街)が唯一の特別協力企業としてバックアップしたデリバリー業界最大規模の「デリバリー産業展」は、3日間で合計27,803名を動員し、盛況の内に幕を閉じました(※1)。来場者の9割以上が業界関係者だったこともあり、実際の商談に繋がる密度の濃いイベントとなりました。

また、デリバリー産業展内で開催された「特別セミナー」では、例年通り会長の中村がパネルディスカッションのコーディネーターを務めました。パネラーには、出前館で成功を果たした4店舗のオーナー・店長が参加しました。実際に成功された方の生の声は講聴者にとって参考になったようで、講演後パネラーへの質問が絶えませんでした。 社長の葭田の講演では「出前館サイト上で、自店舗の評価コメントを増やすにはどうすれば良いか」など、具体的な質問が飛び交い、ネット出前における売上向上に対する熱心さが垣間見られました。
当産業展の模様は、20日(水)のワールドビジネスサテライト(テレビ東京系列)でも放送され、デリバリー業界に関する世間の関心の高さも伺われました。

夢の街は、「日本最大級の宅配・デリバリー総合サイト」である「出前館」としてネット上での宅配デリバリーの受注サービスに加え、デリバリー市場全体の活性化の一翼を担います。



参考:デリバリー産業展とは、宅配・デリバリーに関する食材、器材、サービス(食厨房設備、配送システム等)を扱うメーカー、商社、卸商が一同に出展する専門展示会です。食に関するデリバリー市場規模は約1兆6000億円と言われ(出所:矢野経済研究所)、スーパーマーケットのネットによる受注の拡大や、外食産業からのデリバリーサービスへの新規参入企業の増加など、デリバリー市場は新たな発展の局面を迎えています。(主催:デリバリー産業展実行委員会)

(※1)同時開催イベントの来場者を含む
同時開催イベント:Noodle WORLD 2010/第3回 デリバリー産業展/第1回 販促・店舗装飾EXPO

ヘッダー ヘッダー
(写真左)満席となった中村のパネルディスカッション
(写真右)ブース出店も行い、今後デリバリーを検討している店舗様からのお問い合わせを受けました。


 

【夢の街創造委員会株式会社 会社概要】
■ 設立:1999年9月9日
■ 資本金:11億735万円(2010年8月末現在)
■ 住所 (本社):〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-4-2
     (東京支社):〒107-0052東京都港区赤坂4-1-30
■ 代表:代表取締役社長 葭田 徹
■ URL:http://www.yumenomachi.co.jp/
■ 事業概要:

・現在約9,800店舗が加盟している、
インターネットの宅配・デリバリー総合サイト
「出前館」http://demae-can.com/ の運営

  • 本リリースに関するお問合せ先
  • 夢の街創造委員会(株) 社長室 佐藤 由紀子
  • 03-5545-3843(東京支社)
  • Mail:pr@yumenomachi.co.jp

▲ページTOPへ

ライン