ニュースリリース

  • 2010/09/14
  • ネットスーパー「ユアーズ」が出前館に加盟

夢の街創造委員会株式会社(代表取締役社長 葭田 徹 以下、夢の街)が運営するネット出前サイト『出前館』(http://demae-can.com/)に、株式会社ユアーズ(代表取締役社長 根石 紀雄)が運営するスーパー「ユアーズ」が昨日オープンし、本日9:00には同社が運営するスーパー「アバンセ」も出前館にオープンしました。
今回の加盟においては、昨年の11月より、夢の街とヤマトシステム開発株式会社(代表取締役社長:皆木健司)とで取り組んでいる【ネットスーパーシステムパッケージ】を利用しています。ネットスーパー事業を成功させるための3要素「集客」「システム構築」「配送」の内、「集客」は出前館が「システム構築」「配送」はヤマトグループが担います。(※1)

配送エリアは広島県西部エリア約80万世帯(「廿日市市」、「江田島市」、「呉市」などの島しょ部にまで及びます※2)が対象です。12時30分までにオーダーすると、当日に商品が届けられます。また、クレジット決済はもちろん、Tポイントが貯まって使えます。「近くにスーパーがない方でも気軽に利用でき、かつポイントも貯まるのでユーザビリティーの高いサービスが提供できる」と、夢の街ネットスーパーグループマネージャーの須藤は今回のユアーズが提供するサービスの成功に手ごたえを感じています。

株式会社ユアーズは広島西部を中心に「ユアーズ」「アバンセ」などのスーパーを展開しており、地元で多くの顧客を抱えています。同社は、生鮮食品を中心としたスーパーマーケットで、ネットスーパーの商品にも「新鮮さ」にこだわります。精肉・鮮魚・惣菜などは、店頭に並べている商品だけを販売するのではなく、一部の商品に関しては注文が入ってから加工・調理を行います。また、「市場直行便」というコーナーを設け、朝に仕入れた新鮮な鮮魚や野菜・果物を、10:00~12:30の時間限定で販売されています。(市場直行便:アバンセは除く。市場が休みの日を除く)

夢の街では、近年ネットスーパー事業に力を入れております。これまではイトーヨーカドー・イオン・西友といった大手スーパーと連携しておりましたが、今年からは根強いファンの多い地元のスーパーとの連携に着手しています。
夢の街は今後も「地域密着型Eコマース」をコンセプトに魅力あるサービスを幅広く提供していくことを目指します。

(※1)宅配・デリバリーにおけるネット注文数ナンバーワンの圧倒的な集客力を持つ「出前館」と、配送ノウハウに高い優位性を持つヤマトグループの総力を活用する仕組みです。
(※2)一部配送していない地域もございます。




【関連URL】
・ユアーズネットスーパー店舗ページ:http://demae-can.com/shop/menu/3001809/
・アバンセネットスーパー店舗ページ:http://demae-can.com/shop/menu/3001764/
・ネットスーパーシステムパッケージ関連リリース
http://www.yumenomachi.co.jp/news_release/press/20091106.pdf


 

【夢の街創造委員会株式会社 会社概要】
■ 設立:1999年9月9日
■ 資本金:11億735万円(2010年5月末現在)
■ 住所 (本社):〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-4-2
     (東京支社):〒107-0052東京都港区赤坂4-1-30
■ 代表:代表取締役社長 葭田 徹
■ URL:http://www.yumenomachi.co.jp/
■ 事業概要:

・現在約9,800店舗が加盟している、
インターネットの宅配・デリバリー総合サイト
「出前館」http://demae-can.com/ の運営

  • 本リリースに関するお問合せ先
  • 夢の街創造委員会(株) 社長室 佐藤 由紀子
  • 03-5545-3843(東京支社)
  • Mail:pr@yumenomachi.co.jp

▲ページTOPへ

ライン