ニュースリリース

  • 2009/2/19
  • 第1 回「宅配飲食店・勝ち組経営者セミナー」盛況に開催
    宅配飲食店の経営者が不況を勝ち抜く秘策を公開

 宅配・デリバリーの総合サイト「出前館」( http://demae-can.com/ )を運営する夢の街創造委員会株式会社(代表取締役社長:中村 利江 本社:大阪市中央区 以下、 夢の街)は、去る2009 年2 月5 日(木)「宅配飲食店・勝ち組経営者セミナー」と題して、宅配飲食店経営者向けにセミナーを開催いたしました。

【 参加者から宅配サービス導入の問合せ多数 】
 今回のセミナーは、デリバリーサービスを活用した不況を勝ち抜く為のヒントを公開し、デリバリー業界、飲食業界の活性化を目的として実施いたしました。
外食業界が不況な中、今後宅配サービスの導入を検討している飲食店から多数の問合せが寄せられました。当日は定員を超える40 名近くの方にご参加いただき、参加者からの意見が飛び交う活気あるセミナーとなりました。

セミナーの様子

【 宅配飲食店が生の声で不況を勝ち抜くための秘策を公開 】
 セミナーは3 部構成で行われました。1 部では宅配市場の最新動向や今後の展開、急成長する受注窓口「出前館」について夢の街の代表取締役社長 中村 利江が講演いたしました。
2 部では、パネルディスカッションを行いました。「勝ち組」経営者に聞く、変化する現場環境と勝つためのヒントと題して「出前館」に加盟して実績を伸ばしている店舗がゲストとして登場しました。年々変化する現場環境への対処法や新しい販促手法を取り入れられた際の効果と問題点について等、具体的な数字を交えながらトークを展開いたしました。ゲストのひとりである寿司店「幸太鮨」の代表取締役社長 尾澤氏は、「出前館」加盟当時から現在までの売上の推移について次のように語りました。「加盟してからしばらくは10 万円前後の売り上げに留まっておりましたが、オプションの販促を少しずつ取り入れていくことにより、10 万円がやがて60 万円に。それからは、お客様の反応を見ながら徐々に販促を増やしていきました。現在は300 万円前後の売上となっております。」と述べ、売上アップを図るにあたっては半年~1 年ほど期間を見ながら、販促を実施していくべきであると提言しました。また、同じくゲストとして参加した中華料理店「中華ほうぶん軒」の代表取締役社長 豊山氏は、売上アップの秘訣以外にも従業員との関係づくりなどについても言及し、安定した従業員の確保の重要性について述べました。
3 部では、夢の街の営業マンによる個別の相談コーナーを設け、「出前館」に関する疑問点などに丁寧に答えました。中には質問の後に、その場で加盟申込を行う飲食店の姿も見受けられました。
夢の街では、今後も各地でセミナーを順次開催していく予定です。今後のセミナーの日程に関しましては、決定次第HP 等で発表します。

 

【夢の街創造委員会株式会社 会社概要】
■ 設立:1999年9月9日
■ 資本金:10億9,465万円
■ 住所 (本社):〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-4-2
     (東京支社):〒107-0052東京都港区赤坂4-1-30
■ 代表:代表取締役社長 中村 利江
■ URL:http://www.yumenomachi.co.jp/
■ 事業概要:

・現在約8,500店舗が加盟している、
インターネットの宅配・デリバリー総合サイト
「出前館」http://demae-can.com/ の運営

・宅配・出張サービスの受注サイト
「駆けつけ館」http://kaketsuke-can.com/ の運営

・テイクアウト予約受付専門サイト
「予約館」http://yoyaku-can.com/ の運営

  • 本リリースに関するお問合せ先
  • 夢の街創造委員会(株)
  • 広報担当 群司
  • 03-5545-3843(東京支社)
  • Mail:pr@yumenomachi.co.jp

▲ページTOPへ

ライン