ニュースリリース

  • 2008/10/10
  • 夢の街、通期決算発表 ― 「出前館」好調 売上高23.4%増加 経常利益14.8%増益 ―

 インターネットの宅配・デリバリー総合サイト「出前館」( http://demae-can.com/ )を運営する夢の街創造委員会株式会社(代表取締役社長:中村 利江 本社:大阪市中央区 以下、 夢の街)は、この度平成20年8月期 通期決算発表を致しました。主な内容は以下の通りです。

当期におきましては、核となる「出前館」事業の活性化を図りながら、合わせて「予約館」、「駆けつけ館」事業の基盤づくりに努めました。その結果、連結売上高は9億40百万円と前期比23.4%の増加、経常利益は2億62百万円と前期比で14.8%増加となりました。
 業績の主な牽引役となっている「出前館」につきましては、8月の月間オーダー数は過去最高を記録。夏休み期間中であることに加え、例年よりも雨の日が多く月間オーダー数は合計48.5万件を記録。前年同月比162%という過去最高の記録に至りました。
 また、会員数、店舗数も順調に増加しており、会員数:約180万人(前期比161%)、店舗数:約8,400店舗(前期比115%)となっております。
 その他に「出前館」のさらなる需要拡大に努めるため様々な施策を実施致しました。主な実施施策は以下の通りです。

●「出前館(モバイル)」の公式サイト化
3キャリア(SoftBank、au、NTT Docomo)において「出前館(モバイル)」の公式サイト化を実施。

●メール販促システム確立
加盟店舗のお得な情報をリアルタイムかつ手軽な形で、ユーザーに発信できるようになりました。

●「出前館(PC)」ユーザビリティ向上
ユーザーの使いやすさを向上させる為、UI変更を実施。今後も順次リリースしていく予定です。

●「出前館」ポイント値引きサービス開始
以前までは景品のみの交換でしたが、今期(6月)より商品代金の値引きにご利用可能となりました。

●リソース基盤強化
管理職クラスを積極的に採用し、スピーディなq事業拡大のためのベースが確立しました。

上記実施施策におきましては、平成21年8月期以降に顕著な効果が現れるものもあります。「出前館(PC)」ユーザビリティ向上につきましては、使いやすさを追求し続け順次リニューアルを行う予定です。また、6月から開始致しました「出前館」ポイント値引きサービスは、開始間もない時点ではありますが、大変ご好評いただいております。それにより会員数の増加、オーダー数の増加に繋げてまいりたいと考えております。その他にも、リソース基盤強化が完了したことで更なる運営体制の効率化を図り、一層の事業拡大を目指しております。
 今後も夢の街は市場動向に敏感に対応し、「出前館」加盟店とユーザーにより良いサービスを提供していくための新たなサービス拡張に努めてまいります。

 

【夢の街創造委員会株式会社 会社概要】
■ 設立:1999年9月9日
■ 資本金:10億9,465万円
■ 住所 (本社):〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-4-2
     (東京支社):〒107-0052東京都港区赤坂4-1-30
■ 代表:代表取締役社長 中村 利江
■ URL:http://www.yumenomachi.co.jp/
■ 事業概要:

・現在約8,400店舗が加盟している、
インターネットの宅配・デリバリー総合サイト
「出前館」http://demae-can.com/ の運営

・宅配・出張サービスの受注サイト
「駆けつけ館」http://kaketsuke-can.com/ の運営

・テイクアウト予約受付専門サイト
「予約館」http://yoyaku-can.com/ の運営

  • 本リリースに関するお問合せ先
  • 夢の街創造委員会(株)
  • 広報担当 群司
  • 03-5545-3843(東京支社)
  • Mail:pr@yumenomachi.co.jp

▲ページTOPへ

ライン