ニュースリリース

  • 2007/6/25
  • 夢の街、「すき家」 94店舗のネット予約受付サービス開始。

 インターネットの宅配・デリバリー総合サイト「出前館」( http://demae-can.com/)を運営する夢の街創造委員会株式会社(代表取締役社長:中村利江 本社:大阪市中央区 以下、 夢の街)は、同社の運営するテイクアウト予約受付専門サイト「予約館」( http://yoyaku-can.com/ )において、株式会社ゼンショー(代表取締役社長:小川 賢太郎 本社:東京都港区 以下、ゼンショー)の運営する郊外型ファミリー牛丼店「すき家」の、関東及び関西エリア合わせて94店舗のインターネットによるテイクアウト予約受付サービスを6月25日より開始いたします。「予約館」における、関西エリアでの初のサービス展開となります。

「予約館」とは、消費者が「待たずにテイクアウトしたい」「テイクアウトの大量注文を簡単に予約したい」という時に、パソコンや携帯電話から、あらかじめ時間指定をして注文しておく事ができる、予約受付専門サイトです。

ゼンショーの運営する「すき家」は、全国に直営店846店舗(2007年5月末)を展開しており、「郊外型ファミリー牛丼店」という新しいカテゴリーの店舗を開発し、牛丼を、ファミリーや女性など、より幅広い層に広げることに成功しています。
今回、「すき家」のネット予約受付を開始することにより、ゼンショーは、テイクアウト予約による新たな利用機会を拡大することを狙いとしています。具体的には、大人数分を事前に時間指定をして予約できるというネット予約の特性を活かし、企業のOLやビジネスマンの昼食や夜食時、休日のイベント時など、まとめ注文の利用促進を図ります。

一方、利用者は、パソコンや携帯電話の画面で、「すき家」の約30種類(店舗により異なります)のテイクアウトメニューの画像を見ながら、「ミニ」「並盛」「大盛」「特盛」などのサイズや辛さのバリエーションを簡単に選択でき、電話をせずにそのまま予約注文することが可能になります。また、受取り時間を指定できるので、店舗で待たずにすぐ商品を受取ることができるようになります。

夢の街は、「すき家」が「予約館」に加盟し「牛丼」のジャンルが新設されたことにより、既存の「フライドチキン」や「ハンバーガー」、「天丼」のジャンルと異なる層の新規ユーザーの開拓を行うとともに、ジャンルの相乗効果の検証を行い、「予約館」の本格稼動に向けたサービス強化に繋げる考えです。

【株式会社ゼンショー 会社概要】
□ 設立:1982年6月
□ 資本金:100億8,900万円
□ 住所 (本社): 〒108-0075 東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル
□ 代表:代表取締役社長 小川 賢太郎
□ URL:http://www.zensho.com/
□ 事業概要:フードサービスチェーンの経営、販売システム・食材加工システムの開発。

 

【夢の街創造委員会株式会社 会社概要】
■ 設立:1999年9月9日
■ 資本金:10億4,437万円
■ 住所 (本社):〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-4-2
     (東京支社):〒107-0052東京都港区赤坂4-1-30
■ 代表:代表取締役社長 中村 利江
■ URL:http://www.yumenomachi.co.jp/
■ 事業概要:

・現在約7,400店舗が加盟している、
インターネットの宅配・デリバリー総合サイト
「出前館」http://demae-can.com/ の運営

・宅配・出張サービスの受注サイト
「駆けつけ館」http://kaketsuke-can.com/ の運営

  • 本リリースに関するお問合せ先
  • ◆夢の街創造委員会株式会社 広報担当 川崎
  • TEL:03-5545-3841 FAX:03-5545-3842
  • Mail:emi.kawasaki@yumenomachi.co.jp

▲ページTOPへ

ライン