ニュースリリース

2014年01月20日
出前総研 出前のトレンドランキングを発表! 「出前といえば、ピザや寿司」はもう古い!?~人気急上昇1位は「デザート」!~

夢の街創造委員会株式会社(代表取締役社長 中村利江、大阪府大阪市)が運営する、出前・デリバリーに関する調査研究と情報発信を行う『出前総研』は、このたび"出前のトレンドランキング"を発表いたしました。
『出前総研』では、出前・デリバリー総合サイト出前館のジャンル別の1店舗当たりのオーダー数の昨年対比を出前のトレンドとし、ランキングにしました。
その結果、昨対比で1店舗あたりのオーダーを最も伸ばした出前の食事ジャンルは1位がデザート、2位がエスニック、3位がうなぎという結果になりました。
※本ランキングではサービスジャンルは含みません

■出前のジャンル別昨対比ベスト10
昨対比ベスト10表.jpg

一般的に出前のイメージが強い"ピザ"や"すし"はピザが13位(106.0%)、すしが14位(104.8%)と昨対比では伸びているものの、どちらもランキング圏外となりました。一方で、1位のデザートが昨対比176.5%で2位以下を大きく引き離したことから、出前のトレンドは「デザート」であると言えるのではないでしょうか。
出前館のデザートジャンルは、これまで主に洋菓子店を、中心とした店舗が多く見られましたが2012年の中ごろからテイクアウトのイメージが強いクレープ店や、未だブームが衰えないパンケーキ店が加盟したことが要因だと考えられます。また、本来デザートは甘いケーキなどのように食事の中でもメイン料理ではありませんでしたが、クレープやパンケーキは野菜やたまごなどをトッピングしたメイン料理として食べられていることも要因として挙げることができます。

【調査概要】
出前館におけるジャンル別の1店舗あたりのオーダー数を2012年8月と2013年8月の月間で比較。
レストランとは、ファミリーレストランを含むジャンルとなります。

【出前総研とは】
これまでの「出前館」の運営などにより蓄積してきた経験と知見を生かし、自ら情報を発信していくことにより、さらなる日本の出前・デリバリーを含めた中食産業、外食産業を中心とした「食」産業の活性化に貢献していくことを目的に開設された機関です。
出前・デリバリーを含めた中食に関する領域を総合的に調査・研究し、外部に積極的に発信しております。
また、デリバリー総合サイト「出前館」の運営によって得た様々なデータや、その経験を活かしたメニュー開発、プロモーションや配送などの出前・デリバリーに関連するコンサルティング活動も同時に行っております。

  • 【本リリースに関するお問合せ先】
  • 夢の街創造委員会株式会社
  • 広報担当
  • TEl:03-6777-0874 FAX:03-6777-0871
  • Mail:pr@yumenomachi.co.jp
 

ライン