ニュースリリース

2013年08月19日
調査結果「約80%の企業が会議弁当予算、1500円以下」 ~決め手は価格と味のコストパフォーマンス~

夢の街創造委員会株式会社(代表取締役社長 中村利江)が運営する出前・デリバリーに関する研究を行う出前総合研究所(以下、出前総研)は、2013年7月に会議食などのお弁当発注担当者を対象に出前館が主催した『話題のお弁当試食会』にて来場者を対象にアンケートを実施致しました。以下その結果を本日発表致します。

20130730_194050.jpg
試食会では約60名の来場者に出前館やくるめし弁当でも人気の8店舗のお弁当を試食いただきました。
当日は開場前から多くの来場者の方にお集まりいただき、店舗のスタッフと真剣にお話されている姿が多数見られました。
来場者からは「実際に食べてみると選択肢が増えて、今後の参考になる」「実際に試食したり、見本をみることができるので、注文に役立つ」「口コミだけでなく、実体験できる」など多数の感想をいただきました。

約80%の企業が会議弁当予算、1500円以下
決め手は価格と味によるコストパフォーマンス


お店選びの基準は「価格」と「味」が同数で他を大きく引き離し1位となり、価格と味のバランス、すなわち、コストパフォーマンスが決め手になることがわかりました。また、意外にも「知名度」は最下位であり、「評判」がそれを上回ることから、SNSやWE Bサイトのコメントを見たりと「口コミ」もお店選びの参考にしてることがわかります。その他の回答の中には「(パーティーなどの)立食の場合、食べやすさ、取りやすさ」といった回答もあり、おもてなしをする側である発注者ならではの回答もありました。
また、1人あたりの単価は1,000円~1,500円が最も多く、半数以上の59%を占めました。2位の1,000円未満(19%)を加えた1,500円以下の総数は78%となることから、会議弁当の予算は多くの企業で1,500円以下であることがわかります。中には、会議の内容や出席者によって細かく予算が決められている企業もあるようです。
予算内(1,500円以下)でより良いお弁当を選ぶことを求められる発注担当者はなじみのお店だけでなく、口コミなどで味などの評判を調査したうえで注文していることがわかりました。
出前総研では今後も出前・デリバリーに関する調査を定期的に行い、情報発信を行ってまいります。

【問1】デリバリーを注文する際、お店選びには何を基準にしていますか?(複数回答可)
 
問1.png

【問2】会議に出すお弁当の1人当たりの単価はいくらですか?
問2.png
 
【アンケート概要】
実施日:2013年7月30日(火)
回答者:出前館「話題のお弁当試食会」に参加したお弁当発注者57名

【試食会参加店舗】
・銀のつぶら【http://demae-can.com/shop/menu/3008295/】
・牛友【http://demae-can.com/search/chain/302927/】
・まい泉【http://demae-can.com/shop/menu/3009523/】
・オーベルジーヌ【http://demae-can.com/search/chain/101085/】
・オールオーダーズ【http://demae-can.com/shop/menu/3009479/】
・上海シェフ【http://demae-can.com/search/chain/302470/】
・萬作【http://demae-can.com/search/chain/100848/】
・京香【http://demae-can.com/search/chain/100628/】

【出前総研とは】
日本初のデリバリー総合サイトとしてスタートした「出前館」は11,000店舗以上の出前宅配実施店の注文受付を行うまでに成長し、即日宅配のネットサイトとしては日本最大級のものとなっております。この出前館を運営する夢の街が、これまでの取り組みにおいて蓄積してきた経験と知見を生かし、自ら情報を発信していくことにより、さらなる日本の出前・デリバリーを含めた中食産業、外食産業を中心とした「食」産業の活性化に貢献していくことを目的に設立した出前・デリバリーの調査研究と情報発信を行う総合研究所です。



  • 【本リリースに関するお問合せ先】
  • 夢の街創造委員会株式会社
  • 広報担当
  • TEl:03-6777-0874 FAX:03-6777-0871
  • Mail:pr@yumenomachi.co.jp
 

ライン