ニュースリリース

2012年03月29日
出前館、出前館独自視点での食に関するECお取り寄せ事業をヤマトシステム開発とのアライアンスにより新規事業として6月上旬より開始
    ネット出前サイト「出前館」( http://demae-can.com/)を運営する夢の街創造委員会株式会社(代表取締役社長 葭田徹 以下、夢の街)は、ヤマトホールディングス傘下のヤマトシステム開発株式会社(代表取締役社長 皆木健司 以下、マトシステム開発)とアライアンスを組み、出前館では初となるECお取り寄せ事業を6月上旬より開始することを決定しました。

    出前というサービスモデルは、飲食店舗から家庭やオフィス、ホテルなどのユーザーが今いる場所に食事を配達するというモデルであるため、ユーザーは配達時間・距離に依存した限られたエリアに存在する店舗の利用しか出来ずにいます。
    また飲食店舗が比較的都市部に多く存在する事から、その他の地域に在住するユーザーは限られたジャンルや店舗の出前しか利用出来ずにいます。
    同時に上記エリア、地域の問題から加盟店の販売機会も同様に限られたものになっております。

  この様な事情による「自分が住んでいない地域の人気出前が食べたい例えば大阪で人気のお好み焼きを北海道で食べたいなど」といったユーザーの声や、「販売機会や販路を今までの限られた地域のみではなく全国に増やしたい」といった加盟店の声に対応し全国にサービスや販売機会を広げるべく、今回お取り寄せ事業を開始しました。

    お取り寄せ事業は、日本全国の人気出前商品はもちろんの事、全国各地の特産品や、各地域に根ざしたご当地グルメなどを、全国各地へお届けするショッピングサイトです。
  またヤマトシステム開発とのアライアンス内容の主は、同社が運営するクロネコバイヤーズダイレクト(注1、http://kauneko.com/shop/c/c0)との提携であるため、出前館お取り寄せ事業でも同社クロネコバイヤーズダイレクトに登録している加盟店の商品を注文することが可能となります。

 本お取り寄せ事業で取り扱う商品は、当社社員が日本全国で見つけたものや、約10,900店舗の出前館加盟店様のおすすめ商品・ご紹介商品、約450万人の会員様からの情報提供によるもの、クロネコバイヤーズダイレクトとの協業などにより、カレーやそばといった出前の定番商品から、日本各地の特産品や地場でしか販売されないレアな商品まで出前館独自の商品を取り揃えています。

 6月上旬のサービス開始時の加盟店数は約400店舗、商品数約2,000点を予定しており、サービス開始と同時に多くの魅力的な商品を選んで頂けます。
また今後さらに多くの店舗に加盟して頂けるように、加盟時の初期費用を同業界でも低めに設定し、かつ成功報酬型のモデルにして月間の固定費を抑え資金リスクを低く設計することにより加盟時の敷居を低く設定すると同時に、出前館会員約450万人という大きな販路の存在の強みにより、今後も多くの店舗の参加を見込んでおります。

 日本全国で各地域の産直品や特産品の販売業者と触れ合える機会が多いヤマトシステム開発および、従来の出前館によるシナジーや、出前ポータルサイト最多加盟店数を獲得している実績・ノウハウを持つ夢の街、この両社が保有する「営業力・店舗獲得力」、会員数450万人による「集客力・販売力」、日本最大級の出前ポータルサイトの運営を10年以上している実績による「サイト運営力」でECお取り寄せ市場に参入しつつも、食品に商品を絞り出前館オリジナルの商品を揃えることで独自の商品力を確保し、競合ECとの差別化を図り、競争力を強め事業の成長を図りたいと思っております。


(注1)クロネコバイヤーズダイレクト(http://kauneko.com/shop/c/c0とは
ヤマトシステム開発が運営する全国の飲食店、小売店バイヤーと産直事業者をつなぐ、仕入れ・調達サービスを行なっているBtoBのECサイトです。



  • 【本リリースに関するお問合せ先】
  • 夢の街創造委員会株式会社
  • 広報担当
  • TEl:03-6777-0874 FAX:03-6777-0871
  • Mail:pr@yumenomachi.co.jp
 

ライン