ニュースリリース

2011年11月29日
夢の街、商店街と提携し地域活性化に協力~磯子商店街商業共同組合が出前館に加盟~
ネット出前サイト『出前館』(https://demae-can.com/)を運営する夢の街創造委員会株式会社(代表取締役社長 葭田 徹 以下、夢の街)は、商店街と提携し地域の活性化に協力していきます。
 
まず、12月上旬より磯子商店街商業共同組合(通称:浜マーケット、横浜市磯子区)と提携し、出前館から浜マーケットの商品が注文できるようになります。地元名物のお惣菜・手作りのスイーツ・自家製天然酵母パン・懐かしの駄菓子・地場新鮮野菜など約400品が注文可能。磯子区を中心に中区・金沢区・南区・港南区の一部エリアに宅配します。
 

浜マーケットは、昨年8月から「浜すまいる」というサービス名で宅配事業を開始。利用者は浜マーケットの商品をまとめて宅配できます。

浜マーケット宅配事業責任者の池谷氏は「『浜すまいる』の利用者は年配の方が多いため、客層が異なる出前館のユーザー様に浜マーケットをアピールしたい」と加盟の目的を説明します。


夢の街では、商店街との提携事業を新しく育成させると共に、地域活性化に協力して参ります。

浜マーケット1.jpg
▲地元住民が一丸となり復興に取り組んでいる浜マーケット



【商店街の現状】

現在、商店街は全国的にシャッター商店街が増え、厳しい運営状況を強いられています(図1参照)。原因としては、「大型スーパーの出店」「魅力のある店舗が少ない」「後継者・経営者の高齢化」が主な理由としてあげられます。

一方で、「店舗の老朽化・陳腐化」「駐車場の不足」「空き店舗の増加」など、宅配サービスを開始することで対処できると考えられる課題もあがっています(全国商店街振興組合連合会が調査)。そのため、宅配サービスへの参入を検討している商店街が増加しています。(図2参照)


(図1)
図1.jpg
                          (中小企業庁、2006年11月 実施)
(図2)
図2.jpg
                                                    (中小企業庁、2006年11月 実施)
<アンケート調査の概要>
調査地域:全国 
調査対象:商店街※(商店街振興組合、事業協同組合、任意団体)
調査方法:郵送による発送・回収及びインターネットによる回収 
調査時点:2006年11月 
調査票発送:8,000



【浜マーケットについて】

浜マーケットは、戦後闇市からスタートした小規模商店街です。当時、市電浜停留所前の目前という好立地で商店街として栄えていましたが、1970年の現JR根岸線の開通にあわせ市電が廃線となり商業施設としての勢いを失い始めました。近隣のJR根岸駅・磯子駅に大型スーパーの出店で勢いを失った上、追い討ちをかけるように2007年に不審火で商店街の店舗の三分の一が消失してしまいました。

近年、地元の方々から義援金が集まり、イベントの開催や宅配サービスを開始など様々な取り組みにより復興が進んでいます。


  • 【本リリースに関するお問合せ先】
  • 夢の街創造委員会株式会社
  • 広報担当
  • TEl:03-6777-0874 FAX:03-6777-0871
  • Mail:pr@yumenomachi.co.jp
 

ライン